デノミネーションについて

デノミネーションの目的

GUMによる少額決済をしやすくするためです。
相対的に、相場への大きな影響はありません。

投票開始、可決した場合は3月頃の実施予定。

こちらは意見提案募集というよりも、
課題に対しての考えを早期に共有する意味合いが強いです。

詳細は以下です。

GUM購入価格 1eth = 10000 GUM → 100000 GUMに。

・全ユーザーの所持GUMを10倍に。
・ヒーローセールなどの購入価格、外出し手数料などの割合計算されるGUMなど全てが連動して10倍に
・GUM消費あたりの付与Cpを1/10に
・切替日時のメンテ中に、GUMトレード(ヒーロー、エクステ、アート)を全てキャンセル

固定の手数料などは運営費用のために設定されています。
(アートエディットのアップロードなど)

GUM価格としては10倍に設定しないことで、
実質は安価となる設定を以下のように考えています。
・アートエディット 20 → 100
二つ名 50 → 100
アートいいね 1 GUMそのまま
ギフト Prime 50 → 100 通常 100 → 200
SHUIN (ランド収入としては単価も大きいのでキングの皆様と相談)

以上です。

2 Likes

賛成です。
デノミにネーションについては与える影響が
ほとんどないので、素早く投票してしまえばよいのではないでしょうか?

私も賛成します。
コモンエクステの最終価格等が現状にふさわしくなくなってきていますし、ギフトの緩和もあり良いと思います。

GUMでの少額決済が今よりも出来るようになれば、現状売れ残ってしまうようなコモンエクステLv.2等のゲーム内取引も活発になると思うので、デノミネーション賛成です。

デノミ自体は反対する理由はないでしょうから、それ以外について議論しましょう。
値下げに関して、ギフトがプライム100となると今でいう10なので、これについては少し不安があります。
もちろんいい面もある。
朱印価格はキングと相談で決めたらいいと思います。

1 Like

デノミ賛成です。
また、手数料関係の内訳などは運営が詳細しっているので、運営の一存で決めて良いと思います。

この件については大枠変わらないし、ユーザービリティ的に問題というのが理由であり
すでに結論が出ている気がするので、運営発案で、投票かけてしまえばよいのでは?と思います。

Shuinも普通に上げてしまえば論点がないのではないかなと。

手数料引き下げだけでも早急にやってほしいです
イベントとかでギフトあげるときの手数料がきつい…

1 Like

デノミネーションはまだまだ目途がたたない状態なんでしょうか?
できるのであればガバナンスを通さず、速やかに実施されるほうがいいと思うのですが。
値下げに関しては、エコシステムに関係する話なのでガバナンスにかけるのはわかるんですが、何も無理に一緒のタイミングでやらなくてもいいんじゃないですか?

デノミネーションはシステム全体の改修が重い、という事実から
手数料周りの値下げのみ実施しました。

今の手数料も合わせ、全て10倍がデノミ提案の当初通りとなります。
(SHUINだけ据置)

現状、投票システムが手動運用によりコストかさんでいるのでシステム化できるための開発などを優先する予定です。
Polygonの決済対応と同時が良タイミングと考えています。
デノミによるゲーム内経済効果は特に見えておりませんが、こちらについてはご意見いただければ幸いです!

デノミによるゲーム内経済効果は特に見えておりませんが

投票の改修などを優先した方が良いorやらなくて良いのではという印象です。
手数料部分の修正ですでにゲーム利便性向上しているので
他にあるとすればプライベートセールの「最低取引手数料」は100GUMとか

shuinについてだけはgum値を各国で設定できるようになっているのなら、kingに聞いてすぐ変更。
次変更は半年後とかざっくりでいいのでは。
各国で設定できない場合は、該当ソース付近を公開すれば有志が直してくれるよ?

1 Like

あ、手数料値下げやったんでしたね、ど忘れしてました。すみません。
改修が重いのであれば、優先してやるべきことではないですね。
もし、やるとしてもこれに関してはガバナンスを通す必要がないんじゃないかと思うんですが、どうでしょうか?

1 Like

はい、デノミについてはガバナンス不要で運営判断で可能と思っています。

なのでPolygon課金対応などの大きなメンテナンス時間に合わせての実施が無駄なく済むと考えてます。
こちらは様々な状況に応じて決定、告知させていただく予定です!

1 Like

有志にコードを渡す場合、開発元として権利を有するDJTの知的財産を無償提供することになります。
ので、秘密保持契約等の契約を交わす必要があります。

もし、有志等 バックエンジニアに心当たりあればご紹介ください!
別途、エンジニア契約については相談したいところであります。

スキルが即戦力であればそれに応じての業務委託、勉強をしながらのボランティア的な参加であれば実績結果に応じてMCHC支払いなど柔軟に対応できる予定です。