アートとエディットスキルの切り離し案

ヒーローのアートエディットスキルをアートに依存しない形でのエディットスキルとして切り離す案を提案します。
具体的には
①現在と同じく10GUMの手数料を支払い、好きなエディットスキルを選択できるようにする。
②アートはヒーローのNFT要件を満たすために最初に必ず設定しなければいけないものとする。
③アートエディットスキルという名称をエディットスキルに改名する。

背景〉
現状、好きなアートをつけることと、好きなスキルをつけることとが全くマッチングしていない。
結果、使えるスキルを出すためだけに、どこからか拾ってきた切り抜き画像が大量に貯まっていき見栄えが悪い、なによりその作業・時間が不毛である。
過去の経緯としては、新しいスキルの発見という体験を提供する目的で作られたものであると思われるが、解析が済んだ現在としては不要のものである。
NFT要件を満たす目的であるなら②があれば十分であるし、本当に好きなアートをヒーローにエディットさせる方が(スキルのためではなく)ユーザーのニーズに答えていると思われる。

「いいね!」 6

賛成です。
個人的には、このまま投票で良いのではないかと思います。

強いて付け加えるとすると、①の「10GUMの手数料」を「最初の一つ目のスキルは無料で、二つ目以降は10GUMの手数料」とする位でしょうか。
現在と同じく、に内包されていそうとは思いますが、明記されていた方が提案として分かりやすいのかなと思いました。

「いいね!」 1

ありがとうございます、追記の旨了承しました。
現在、別の提案が投票ページ作成の順番待ちしていることと、その提案に対して今シーズンの提案権を譲渡しているので、このまましばらく様子見し、特にご意見なければ来シーズンの頭にでも運営とすり合わせを行いたいと思います。

「いいね!」 1

こちら専務と詳細すり合わせ中ですので〆させていただきます。