キング選任ルールの変更 | Change the rule of King Selection

投票の転記になります
Owner:“J11 #21616

================================

これまで各ランド最大3名まで選出が可能であったキングを1名に限定する。

新規のキング就任条件は以下とする。

  • 当該ランドに所属している
  • 当該ランドセクタを10%以上保有している
  • ランドセクタの占有率が最も高いロードである

背景:

キング職の枠を限定するとともに、後述する委託制度の導入によってロードの当事者意識の向上及び意見反映を可能とし、ランド内活動の活性化を図る。また、現在はマエストロへの権限移行などによってランド運営の分散化が可能であり、現行のシステムにおいて3名のキングは不要であると考える。

詳細は以下の通り。

提案1. 複数キング制度の撤廃

  • 各ランドにおいて、キングは1名のみとする
  • シーズン切り替えの日本時間9時(UTC0時)時点の占有率に応じて、1シーズンの間キングは固定される

提案2. ロードによるランド占有率の委託

  • ロードは自身のセクタ占有率を他のロードに委託することができる。ただし、現行のキング就任条件を満たすロードのみを委託先として選択可能とする。

現行の就任条件は以下の通り:

  • 当該ランドに所属している
  • 当該ランドセクタを10%以上保有している
  • ランドセクタの占有率が上位3名以内である

================================

2021/9/4 @minicoohei

J11さんから提案についての議論進行を引き継ぎました。

今回の提案によって解決したい課題は以下だと捉えます。

複数キングが並立した場合、内々の議論で成立してるが、海外マーケットの注目が集まる今、海外の投資家がキングになる可能性もあり、議論で解決しない事象が発生しうる。
そのとき最終決定権者がデジタルに決まらないと、キングが決める権限を持つ項目について、相互に変更し合うことが発生しうる
特に幻獣大戦に置いてそのような事象が発生した場合、現状でも1000万円以上の金額がかかっているため、大きな損失をシステム的に与える可能性が高い

そして前提として
・NFTの仕様としてのキングは10%以上保有したら3名までなれるもの

なので、今回は課題を解決するためにNFT仕様を変更してキングを1名にするという提案ではなく、最終決定権を持つ「General Commander ロールを新設する」という形で提案させていただきたいと思います。

仕様:
・GCが変更後は、そのタームはGC以外は変更できない(幻獣対戦含めて)
・GCが変更後は、そのタームはGC以外、変更できない(幻獣対戦含めて)
・GCは

  • 当該ランドに所属している
  • 当該ランドセクタを10%以上保有している
  • ランドセクタの占有率が最も高いロードである
  • ロードは自身のセクタ占有率を他のロードに委託することができる。
    ただし、現行のGC就任条件を満たすロードのみを委託先として選択可能とする。

でタームの始まりに1名自動的に選出される

上述でファオさんやYamapさんが指摘していた

本案の仕組みが悪用される危険

についてはそのとおりですが、
現行システムはそれ以上に悪用できるシステム上の穴が大きいと考えます。
また対立候補に委託することがロードの利益となる場合であっても、それは資本性のある民主主義の結果ではないかと自分は捉えます。(そもそもランドとしてマイナスになる場合ロードとしてもマイナスになる可能性が高いので、何らかのインセンティブがあるはずです)

2 Likes

以下の点でこの提案には問題があり、一度議案として否決された上で、適切なプロセスにもとづき修正案を検討し、改めて投票を行うべきと考えます。

本案の問題点

  • 議決までのプロセスの問題 :本案は、J11氏がガバナンスコミュニティでのいかなる議論も経ずに個人が持つ提案権を運営チームに対して直接行使して議決に持っていった提案であり、 マイクリが目指すユーザーによる自治のコンセプトに反する
  • 提案におけるリスクの非提示 :本案の提案内容には提案者によるメリットのみが記されており、リスク面についての言及が全くない。投票権者はメリットのみを目にすることになるため、 十分にリスクを認識することがないまま賛成投票に誘導される こととなり、歪んだ投票結果が生まれる。これは正常な民主主義が働いているとは言い難い。
  • リスクの洗い出しの不足 :上記の通り、本案はコミュニティガバナンスや公開の場でのいかなる議論や検討も行われていない。したがって、本案実施によるリスクが十分に議論・検討されておらず、また、施行後に発生しうる悪影響をだれも想定できていない。このように潜在的に大きな危険をはらんだ提案でありながら、マイクリのコミュニティはこの案の修正を行う機会も得られず、MCHCホルダーはYESかNOの二択を突きつけられている状況にある。上記の通り、本案は提案内にリスクが記載されていないことから、投票権者は賛成投票に誘導され、歪んだ投票結果が発生する。
  • 本案の仕組みが悪用される危険 :ロードによるランド占有率の委託の機能を利用することで、豊富な資産を持つランドのキングによる別ランドの実質的な完全支配が可能になる。現行の仕組みでもランドセクターの保有者を変えることで実質的に1人のユーザーによる複数国の支配が可能であったが、複数キングが存在しうる現行仕様であればキングは相互に牽制する関係となり、完全支配は防ぐことが可能だった。本案はこの問題が解決されていないため、拙速に施行することは危険が大きい。

結論として、本案は正常なガバナンスのプロセスが守られておらず、いったん否決されるべき提案であると結論づけます。否決後に、改めてガバナンスコミュニティにおいて本案のメリットとリスクの検討と案の修正を行い、改めて議決を行うことが民主主義のプロセスとして適切であり、マイクリのユーザー自治の原則に相応しいあり方だと考えます。

なお、ガバナンスコミュニティでの議論を経ずに、1%以上のMCHCを持つ者がいきなり運営チームに対して提案権を行使できることは、マイクリユーザーに大きな損害を及ぼしうる非常に危険な行為であり、現在の仕組みの穴だと思われます。本案の議論と同時並行で、ガバナンス提案を行う際には、必ず自由参加可能な公開の場で草案が提示され、議論と検討、および修正の機会が与えられていることを必須とする提案を別のスレッドで行いたいと思います。

4 Likes

僕から、この変更によってまず起きるだろう変化
基本的にはロードが分散している

  • グラファイ・アドベンチャー・ワールド
  • Grape
  • Sage
  • チキン海賊団
  • 流星街

が対象です。

1. キングはロードによる委託を増やす努力を行う(51%以上で確定)
2. 対立候補が出た場合に、ロードにとって利益のある施策をキングが取る可能性
3. ロードの利益とシティズンの利益の関係性

今まではキングによる自己利益を顧みない活動が各国多かったと思いますが、この変更はある意味正常な構図にも見えます。

1点気になる点でいうと、キングが望んだようにロードも同じように国の繁栄を望んでいるか。

  • 現キング(国の繁栄を願う)
  • 対立候補(国の衰退を願う)

この場合、普通であれば現キングに委託するでしょうが、ロードが他国民で例えば幻獣大戦で対立国とすると、対立候補に委託する事がロードの利益となる可能性。

ここでいう対立候補が出現する可能性があるか?という話でもありますが、
Fao氏記載の

本案の仕組みが悪用される危険

ここ次第ではあり得なくはないかなとも思い書きました。

一旦気づいた点です!

1 Like

プロセスについてはこの提案から課題意識が生まれたものの提案内容の可否を問うのとは切り離すべきだと思うので、(別スレッドも立つようなので)ここでは特に意見しないです。

プロセス以外でこの提案について問題視されているのは「リスクの洗い出しの不足」だと思うので、改めて投票が終了するまでにここを参照するユーザーの意見を元にメリット・デメリットについて議論するべきだと思います。

これまでの意見とも被ると思いますが思いつくメリット・デメリット挙げます

メリット

  • キングが1名に確定するため意見の対立による不安定な状況が起こらない
  • 10%以上の上位3名に入る事による乗っ取り(撹乱)を防ぐことができる

(上記2点を持って今後海外ユーザーが爆増した場合に資産が豊富だがプレイに興味のないユーザーによる退廃的な乗っ取りは防ぎやすくなる)

  • ロードの意思を持ってキングを選出することが可能となるためランド保有に明確な付加価値が生まれる

デメリット

  • ランドセクタの占有率をお互い競争するような状況が生まれればキングが毎回入れ替わるという不安定な状況が生まれる
    (現キングとしては価格競争と保有率競争の恐怖がある)
  • 51%以上保有した上での悪意をもった乗っ取りは確定となる
  • 現状においてロードが分散しているクラウドランドはキング交代となる可能性が高い

私がキングやってるグラファイ・アドベンチャー・ランドに限って言えばJ11さんは所属していないのでキングの条件から外れるものの、2位のりんりんさんは現状連絡を取ることができず(反応がない)、またマイクリをプレイしているかの状況もよくわからないため、この提案のメリットは理解できるものの現状のまま可決されると何も活動しないキング誕生の可能性が高いということで、私は反対に投票しないことが現シティズンに対する裏切り行為でしかないため、反対に投票しています。

ただ、ロードのほとんどは現状のシティズンでもあり、現行キングはシティズンからの委託受けやすいというのは理解できます。

僕が長々と書いてるのであれですが、簡単でもいいので他の人がどう思うかの意見も見たいところです。

2 Likes

「本案の問題点」について、多くの項目で「本案の問題点」だと感じませんでした!

■議決までのプロセスの問題について
→ガバナンスフォーラムでの議論は必須ではないと専務からも言及があったと記憶しています!プロセスが曖昧なことは本案とは別の課題として感じていたところでしたので、早急にわかりやすくまとめて周知する必要性を感じました!

■提案におけるリスクの非提示について
■リスクの洗い出しの不足について
→これまでの全ての議題がリスクの洗い出しが不足なく、そして提示されて投票されていたとは私は思えません!つまり本案の問題点としてあげるのであれば、その”リスク”こそが問題点なのではないかと思いました!「賛成投票に誘導される」「歪んだ投票結果」については、なぜそうおっしゃるのかわかりませんでした!MCHCホルダーは提案を読んで自分の頭で考えて主体的に投票しているのであり「歪んだ投票結果」と言うのは基本的にないのでは?と思います!(適当に投票とかはありそうですが提案とは無関係ですね)逆に”MCHC1%保持”意外に高いハードルを設定することは、ガバナンスを恣意的に運用される可能性を含むのでガバナンストークンの根本的な意義が失われかねないと思います!(公序良俗に反する、法律に反するなどは別です)

とはいえ、現在の仕組みが不完全で不明瞭な点があり課題が多いことを感じましたので別のスレッドで議論したいなと思いました!

※追記:新しいスレッド出来ていましたね:pray:失礼しました!

1 Like

なぜ「歪んだ投票結果」に誘導されるかというと、マイクリのガバナンス投票は報酬としてCpが付与され、その量が非常に多いことから、投票に参加すること自体が最大のインセンティブであり、その結果によってどうMCHCの価値が変動するかについて、投票者はそこまで真剣に検討しないと考えられるからです。
提案のメリットだけ記載されている状態では、投票者はリスクを認識することができず、その時点での多数意見に同調して投票することが多くなります。これが結果の歪みです。これを放置しているとガバナンスが衆愚政治化し、表面的なウケのいい提案ばかりが採用されることになり、結果的にマイクリの衰退を招きます。
リスクや反対意見、少数意見に対してのアクセスがきちんと確保されていることが民主主義の正当性を守るために必要なことです。

1 Like

今回の件で即時に影響がでる象国についてですが、りんりんさんと連絡取れない現状で委託制度は使用可能なのかが気になります。

連絡とれず、委託制度も利用できず運営不在のランドが誕生するのであれば投票に進むこと自体に問題があるように感じます。

できることなら今後、投票にすすむ前に議論をする場を設けて投票するMCHCホルダーが議題の内容、メリット、デメリットを理解する場があればなと思います。

1 Like

すみません!各ロードの占有率の委託で解決できそうでした!

3 Likes

そうですね!
りんりんさん以外のみんなからでも委託を受けられればキング継続は可能です。

1 Like

コミュニティに参加してないユーザーいることや、委託を今シーズン中にどう実装するのかも気になりますし、なかなか大変そうですね。

1 Like

キングになるためランドセクタを購入したのに、今回の投票の可決によりそういったキングが不利益を被るというか、最初に聞いてた仕様と違うじゃないか!みたいなことになるのはどうなんだろうと思いました。

2 Likes

現行のこれまでとずっと変わらないルール通り(正常プロセス)の提案なのでそれをひっくり返すのはそれこそ問題でしょう。少なくとも提案者が自己の権利を正しく行使したわけで、それを変えるのであれば提案者の賛同が必要でしょう。
否決させたいなら否決できるだけのMCHCを購入や賛同者を個別に集めるのも手でしょう。

メリットデメリットを周知させたいなら今回は投票期間が終わるまでに議論&ここの存在を周知をするのが正当だと思います。

それとは別に、今後の、投票ルールについては改善の余地はあると思いますので、別スレッドで議論すると良いでしょう。

— 追記 —

認識漏れていただけでフォーラムが運用フローに組み込まれていたので上記発言を取り消します。
ルールに沿っていない投票で無効という認識に改めます。

— 追記2 —

こちらの内容がいつ書かれたかによるかもですが
ルール変更自体についても投票の前にキング同士での議論が必要のように見えます。

4 Likes

もう一点、本案が採用された場合にマイクリのエコシステム全体に大きな影響を及ぼす変更がなされることを指摘します。

それは、本案がNFTの仕様変更にあたることです。
今回の提案が可決されると、「既存のキングが新ルールによってその地位を奪われる」可能性が生じるからです。
「シェアの10%を持つことでキングになれる」という認識のもとランドセクタを保有していたユーザーに対して大きな損害を与え、また同時に特定のロードに大きな便益を追加提供する事象です。
これはNFTの仕様変更以外の何者でもないと思います。

NFTの機能拡張ではなく仕様変更は、これまでマイクリの運営チームもユーザーも共通の認識として禁忌としてきたことであり、そもそもその是非が問われるべき重大な事案で、今回の提案の可決でなし崩し的にその禁忌が解かれるべきものではありません。

投票ページにある説明にはこのことはまったく記載さていません。
賛成に投票している方は「NFTの仕様変更がなし崩しに行われる」というリスクをまったく認識されていなかったと思います。私自身も当初認識していませんでした。

このように、本案はマイクリのエコシステムにとって非常に大きな危険をもたらすものです。
絶対に可決されてならないものであると明言します。

3 Likes

こちら大変申し訳ありません!
追記2についてですが、冒頭にあるように「あくまで参考であり条件付きで可能」です。
記載したのは投票の仕組みを作る発表時で、あまりにも例がないと想像がつかないので参考として記載しました。
今回の案は当時は、ガバナンス成立すれば可能と判断としました。

③の最終は提案者次第で提案可能とする旨を主張したルール理解ではありました。
しかしフォーラム議論必須とする議案がこれから作られようとしている動きも鑑みて
今回の提案について再投票扱いとさせていただきます。
以降の流れとしては以下のイメージです。
・まず、パブリックでの議論を必須とする議案について一定のルール可決を待つ。
・そのルールに則って、本案を議論にのせた上で再投票を行う。

2 Likes

回答ありがとうございます。

追記2については、最終ジャッジは運営にあるので今回投票が始まった時点でそこはクリアされているという認識ではいました。

追記1については、ルール改正前に提案され、少なくともそれが受理されたものなので、ルール改正前のルールをやり直す(パブリックに議論はされるべきだが合意は必要ない)のが公正かと思いますが、提案者の意見次第なのでそこは一旦これ以上の言及をしません。

2 Likes

ご返信ありがとうございます!
事前に提案者についてはご理解いただけたので、そのような処置とさせていただきました!

2 Likes

議題の流れから逸れて申し訳ないです…
が、上記の記載はこのままにしておくと全ユーザーが同意しているかのような記載になっているので、明確に否定しておきます。

私にとってNFTは仕様変更してはいけないという認識はないです。
NFTは不可逆な存在であり、コントラクトに従って発行されたものはその時点のコントラクトに従うものであり、過去に遡っての仕様変更は不可能である。(過去の履歴や在り方を変更するのは禁忌であるとというのならそれは完全に同意します)

上記の仕組みから、デジタル上でありながら現実世界のモノと同じ扱いをする以上、将来に渡っても気軽にコロコロと仕様変更はしない方がいいという倫理観はあるものの、禁忌とまでは考えていません。極端な話、NFT所有者全員の同意があれば変更してもいいと思っています。

今回の提案が仕様変更を行なってもいいほどの同意を得られていないというのはわかりますが、禁忌という表現はこの案件に限らず「NFTと定義されるものは今後一切どのような理由があろうと仕様変更を行ってはいけない」と感じるため(少なくとも私はそう感じました)行き過ぎた表現だと思います。

1 Like

マイクリの誕生以来、ヒーローとエクステンションのスキルやパラメータ調整については(一部の新規コンテンツを除き)運営チームが行わないと明言し、実際これまでまったく検討がされていません。ユーザーもその点についてはマイクリの大原則として同意していたはずです。運営者とユーザーが共通してそう認識していたということは、これは実質的に禁忌だったということです。(「オレの王キやクレオパトラが弱いから強くしろよ!」と内心思っていた人はたくさんいたと思いますが)

まあしかし、「禁忌」というのは表現の解釈の問題なので、あまりこれを深掘りしても意味はないでしょう。

本来的な議論に戻ると、私も何があってもNFTの仕様変更はしてはいけないという認識ではありません。
ただし、するのであれば、それはとても重大な事柄であるので、今回の提案でなし崩し的に行うべきではなく、ガバナンスコミュニティでの議論と採決を通してまずしかるべき合意形成をしてから行うべきという意見です。

1 Like

受け取り手によってはかなり広く受けとってしまいかねないというのを懸念したので、その記載内容であれば完全に同意します。

1 Like

投票にインセンティブがあることが歪みを生んでいるかもしれないのはわかります。投票のたびにMCHC所有者全員にインセンティブ。や、提案読みましたボタンを置いて提案を読んだ人にインセンティブみたいな形にした方がいい気がしてきました。投票自体はポリゴンでいいのでオンチェーンで。など。

1 Like